さて、今回は「部員の数を増やしました」「イベントの来場者数を増やしました」などのエピソードをエントリーシートや面接でロジカルに説明できるようになるための記事です。狭いところ攻めた記事だな~と思われるかもしれませんが、以前書いた田舎勤務の志望理由 具体例で面接対策よりは少しだけ需要がある気がしています笑。

テーマ:人を勧誘したエピソードをロジカルに
ワンポイント⇒AIDAのフレームワークを使おう

.
例えば、部員の数を増やしたとアピールしたいけど、そのエピソードを上手く説明できないという方、一度自分のやってきたことをAIDAに落とし込んで考えてみましょう。

AIDAとは購買意思決定プロセスを四段階に分解したものです。消費者が物を買う際には、まず製品を認知(Attention)し、次に興味(Intereat)を持ち、さらに欲求(Desire)を抱くようになって、実際に購買行動(Action)を起こすと考えたマーケティングの教科書では頻繁に出てくるフレームワークです。 

これを下図のように新入生が部活に入るまでのプロセスとして応用します。


これの具体的な使い方ですが、例えば部員を増やすために「懇親会」を催したのであれば、以下のように面接でアピールしましょう。

・・・
とある面接会場


面接官
「エントリーシートに新入部員の数を例年の1.5倍に増やしたと書いていますが、具体的にどのようなことをして部員の数を増やしたのでしょうか。」

学生「例年行う部活説明会の後に、懇親会を催すことを企画しました。」

面接官「ほうほう。なぜ懇親会を企画されたのでしょうか。」

学生「新入生が部活に入るまでの心境を四段階に分解して考えてみたんです。新入生は認知⇒興味⇒欲求のプロセスを経て部活に入部するものだと仮定しました。そして、私の部活ではチラシ配りや呼び込みにより、毎年多くの新入生に個別説明会に参加していただいているので、認知、興味までは現状のままでも問題はないと考えました。」

面接官「そこで欲求を満たす懇親会ですか。」

学生「はい。私たちの部活の一番の魅力である“人”を知ってもらうことで、「この部活に入りたい」と思ってもらえることを期待し、懇親会を催すことにしました。」

面接官「なるほど。では、時間ですので結果の方は後日メールか電話でお伝えします。今日は遠方からわざわざありがとうございました。」

・・・

こんな感じでしょうか。他にも部員を増やすために「部活のホームページを作った」「かわいい女の子に勧誘させた」など、色々あると思いますが、各々AIDAに当てはめて上手く説明しましょう。ちなみに、今回の記事ではAIDAの説明をしましたが、一般的なマーケティングではこれに記憶(Memory)を加えたAIDMAの形で使われることもあります。興味のある方はぜひグーグルなどでAIDMAと検索してみてくださいね。

現在、社会人一年目の私は夏休みに突入しております。社会人でも夏休みあるの?と思われるかもしれませんが、なんと二週間ほどあります笑。休みが好きな方は休みの多い企業を狙いましょう!就活頑張れー!

Amazon商品

スポンサードリンク