これまでのび太がクラスでモテるためには?マクドナルドの売上を上げるには?など、グループワークでありそうな?難問を実際のワークを想定して解答例を記述してきました。

しかし実際に就活本番で、このような問題が出てくると自分たちの考えた施策はこれでいいのかと迷うことがあります。そのような時のために、この記事では自分たちの考えた施策がどの程度妥当なのかを評価する方法を記述します。


テーマ:自分たちの考えた施策が正しいか迷った時の対策方法

ワンポイント⇒実行性×実効性

.例えば、以前に記述したマクドナルドの売上を上げるには?では、最終的に「マクドナルドのオリジナルガムを配る」を打つべき施策としました。しかし、実際のグループワークではこれ以外にも多くの施策アイデアが他のメンバーから出てきます。 そのような場合、どのアイデアを採用するかは、それぞれの施策を実行性実効性の観点から評価すると、正しい判断を行うことができます。

施策の価値 = 実行性 × 実効性

この実行性とは言い換えれば実現可能性、実効性とは有効性のことです。(覚えやすいので実行性と実効性で私は覚えています。)具体的には、施策A、施策B、施策Cというアイデアがグループ内で出たとしたら、ホワイトボードにささっと下の表を書いてやります。

 
次にグループのメンバーに意見を求めながら、10点満点でそれぞれの施策の実行性と実効性を評価していきます。この時、具体的な点数はどのように決めるんだ?と思われるかもしれませんが、それぞれの施策から相対的に考えてやればいいと思います。

例えば、施策Aよりも施策Bの方がかなり実行性があるから施策Aの実行性は2で施策Bは6にしよう。その施策Bよりも施策Cの方がより実行性があるから施策Cは9にしよう。といった感じです。これを実効性でも同様に考えてやると次のように表が完成します。

この表より、施策Bのアイデアを採用するのが適切だと分かります。色々と不十分なところはありますが、ワーク時間の短い就活ではこれくらいがちょうど良く、社員さんにも評価していただけると思います。


今回の記事では、自分たちの考えが正しいか迷った時の対策方法を記述しました。グループワーク終盤にアイデアに埋もれた際、先のような表をホワイトボードに書いてやると結構話はまとまります。ですが、そのような時の一番いい方法は、恐らくそれぞれのアイデアのいいところをまとめて一つの新しいアイデアを作ることだと思います。実は私はこれが上手くできませんでした笑。余裕があれば、是非そちらの方法も挑戦してみましょう!

スポンサードリンク