日本でカップ麺はどれだけ食べられているか?
このように「つかみどころがなく直感では見当もつかない数量を、知っている知識だけで短時間かつ論理的に概算すること」をフェルミ推定と言います。

特に1日のインターンシップでは、このようなフェルミ推定が出題されることが多々あります。この記事では、いきなり私なりの解答例を記述しますが、しっかりグループで答えを導く手順について知りたい方はグループワークの進め方 例題も参照してくださいね

さて、コンビニやスーパーに行くとたくさんカップ麺が売られていますが、いったい日本中でどれだけカップ麺が食べられているのか。少し気になったので、今回のテーマにしてみました。

テーマ:日本でカップ麺はどれだけ食べられているか?(制限時間:1時間)
※1時間のグループワークを終えてワーク結果を発表するところから始めます。

では、発表させていただきます。私たちは日本で一年間に12億4000万食のカップ麺が食べられていると推測しました。 私たちはまず、“日本でカップ麺はどれだけ食べられているか?”というテーマでは期間がはっきりしないので、期間を一年間と定義しました。つまり、日本のカップ麺の年間消費量を求めることにし、以下のような式に分解しました。

日本のカップ麺の年間消費量= 日本の人口 × 購入率×一人当たりの月間消費量×12

購入率や一人当たりの月間消費量は性別や年代により大きく異なることが予想されるので、以下のような表を作成しました。

まず人口について、日本の人口をつぼ型の人口ピラミッドだと仮定し、それぞれの世代の人口を求めました。
この際、日本の人口を1億2000万人
男女比は1:1
0歳~20歳:21歳~40:歳41歳~60歳:61歳~80歳=2:3:3:2としました(下図)。

例えば、 15歳未満(男)の人口を求めるのであれば、
1億2000万人×0.2×3/4×1/2=900万人 となり、
15歳~20歳未満(男)であれば、
1億2000万人×0.2×1/4×1/2=300万人 となります。このようにして表を次のように埋めました。

次に購入率ですが、女性よりも男性の方が購入率は高いだろうと、20代まで購入率は高くなり、そこから下降するだろうと予想しました。

最後に一人当たりの月間消費量ですが、男性の10代後半から30代までの方は二週間に1個カップ麺を食べ、40代以上の方は二カ月で3個程度のカップ麺を食べるだろうと考えました。また、それらの値は女性よりも男性の方が高いだろうと予想しました。

この表の値を下に表した式に代入することで、日本のカップ麺の年間消費量を計算することができます。

日本のカップ麺の年間消費量= 日本の人口 × 購入率×一人当たりの月間消費量×12

15歳未満(男)の人口×15歳未満(男)の購入率×15歳未満(男)一人当たりの月間消費量×12+・・・・・+60歳~80歳以下(女) の人口×60歳~80歳以下(女)の購入率×60歳~80歳以下(女)一人当たりの月間消費量×12

この計算結果より、私たちは日本で一年間に12億4000万食のカップ麺が食べられていると推測しました。以上で発表を終わります。ありがとうございました。


いかがでしたか。実際の日本のカップ麺の年間消費量は約34億食みたいです。(引用http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0445.html 56.6億×0.6=33.96億食)

なので、当たらずとも遠からずですね笑。
フェルミ推定についてはこのフェルミ推定 マクドナルドの店舗数はいくつあるか?でも書きましたので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。

また、就活生でしっかりフェルミ推定を勉強したい方は「現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート」がおすすめですよ。でわでわ~

スポンサードリンク