面接で自己PRや志願動機のセリフを覚えるべきか迷っている方は多いと思います。それについて私の個人的な意見ですが「話の方向性のみ整理しておく」程度でいいと思います。今回の記事では私がそう考える理由を記述していきます。

テーマ:面接でのセリフは覚えるべきか?
ワンポイント⇒新卒である学生の強みは“ポテンシャル”です。

なぜ日本企業は新卒採用を好むのか?

そもそも採用には中途採用と新卒採用があります。即戦力が得られる中途採用ではなく、今の日本企業が新卒採用を好むのはなぜでしょうか? それには新卒採用では採用時期が統一化されているため、一度に多くの人間から選考できることなどのシステム上の利点があります。しかし、それよりも新卒社員自体の魅力が大きいからだと考えられます。

では新卒社員自体の魅力とは何なのでしょうか?それは恐らく“ポテンシャル”です。実際に新卒社員が中途社員に比べて秀でているところを考えてみると本当これくらいしか無いと思います笑。 つまり日本企業が即戦力である中途社員ではなく、新卒社員を好んで採用する理由は新卒社員のポテンシャルに惹かれているからだと考えられます。

面接官は新卒応募者の何を見ているのか?

ここで話を面接に戻します。面接官が応募者のポテンシャルを面接で判断するのには相手のスキル人間性のどちらで判断するのが妥当でしょうか?どちらも大事だとは思いますが、人間性の方が重視されるのではないかと思います。なぜならスキルはこれからも変わりますが、人間性は変わりにくいからです。未来を期待される私たちは、スキルは後から身に着ければ良いのです。

よって、面接では人間性を存分に醸し出しましょう笑。私のイメージをまとめておきますと下の表のようになります。


自然に話して人間性を伝えよう

本題に入ります。グループ面談を通してだけですが、私自身多くの学生の面接を見てきました。その中で、面接内容をセリフで覚えている人たちはロボットのように見えました。セリフを覚えた面接では自分のスキルを伝えるのには最適かもしれませんが、自分の人間性を正確に伝えることは難しいと思います。

よって、面接では意識してセリフを覚えたりするのではなく、「話の方向性のみ整理しておく」程度でいいと思います。後は面接官と“会話”するような気持ちで臨んで、会話の中で自分の人間性(ポテンシャル)を面接官に評価してもらいましょう。そして、ある程度面接に慣れてきた頃に企業ウケするネタをちょいちょい話に挟んでいけばいいかと思います。

おまけ

ある大手電機メーカーで一次面接をされる人事の方が実際に次のようなことをおっしゃっていました。

「面接をしてどれだけ有能な学生でも、その学生の内面が分からないと次に通せない。ロボットの様にセリフ通りの言葉を次々話されて会話が進んでも、内面が分からないと次の二次面接官にパスできない」と。

面接官にとって採用は直接自分の功績に繋がってきます。逆に内面の分からないような学生を次の面接に進め、二次面接、最終面接で何かしでかした時には、その学生を通してしまった面接官の責任になってしまいます。そういった意味からも面接官は学生の内面を重視して観察するのです。

スポンサードリンク