面接で希望の勤務地を聞かれる事はよくあります。特に内定をいただいてからの配属面談では必ず聞かれます。こんな時、「どこでも働けます!なぜなら・・・」と言えるのが一番いいですが、やはり二十代前半を過ごす大事な時期、少しくらい希望を言いたいですよね。
今回は「希望の勤務地はありますか?」の質問に対して、都会で暮らしたい場合の都会推しの対応策を記述します。

テーマ:面接にて「希望の勤務地はありますか?」に都会推しを伝えろ
ワンポイント⇒都会は商品のライフサイクルが短い


・・・

とある面接会場
(今回、学生A君はメーカーで開発職を希望している設定です。)

面接官「なるほど素晴らしい特技ですね。ところでA君は希望の勤務地とかあったりする?本音を知りたいな。」

A君「勤務地にこだわりはありません。なぜなら(どこで働いても自分の夢に近づけます的なこと言いましょう)・・・ただ、強いて希望をということでしたら都会で働きたいと考えております。」

面接官「ほうほう。なぜ都会なのでしょうか?」

A君「理由は二点あります。一つ目が“私生活”のため、二つ目が“お仕事”のためです。」

面接官「社会人生活は私生活とお仕事の両立が大事ですもんね。詳しく聞かせて下さい。」

A君「はい。まず“私生活”ですが(ちょっと笑いながら)、洋服などが欲しいと思った時には直ぐにでもお買い物ができ、映画を見たいと思った時には直ぐに映画館に足を運べるような都会ならではの生活に憧れています。やはり休日は休日で精一杯楽しみたいので笑」

※ここではあまり硬くならずに素直な気持ちを伝えましょう。面接官に人間味のある奴だなと思っていただけたら十分です。

面接官「そのような休日に憧れているのでしたら確かに都会の方が良いですね。私も普段は品川のオフィスで働いていますが、休日には妻とショッピングに行ってリフレッシュすることが多いですよ。ではもう一点、お仕事のためともおっしゃっていましたが、そちらも詳しく聞かせて下さい。」

A君「はい。開発職として働くためには御社、他社の様々な商品を知っておく必要があると思いますが、都会暮らしの方がより多くの商品と触れ合うことができると考えたからです。」

面接官「多くの商品と触れ合うことができるというのは、単純に都会だと人口が多く、売られている商品の種類も多いからということでしょうか。」

A君「それもありますがもう一点、都会だと商品のライフサイクルが短いからです。例えば、都会では三年も経てば売っているアイスの商品はほとんど別の商品に替わってしまいますが、田舎では違います。去年の夏に三年ぶりに田舎の祖母のお家へ行きましたが、近所のスーパーでは三年前と同じアイスばかりが売られていました。」

面接官「なるほど。確かに都会だと商品は直ぐに入れ替わりますね。それに商品だけではなく流行もサービスも町で目にする広告も全て入れ替わりますね。」

A君「はい。私はそのような変化の激しい環境の中で、世の中が今何を求めているのかを常に考え、感じながらモノづくりをしていきたいと考えております。」

面接官「分かりました。では時間ですので結果の方は後日メールか電話でお伝えします。今日はお疲れ様でした。」

・・・

まず社会人生活を“私生活”“お仕事”の二つに分解していますが、このように物事を分解して考えることは重要です。分解することで何が大切なのかが見えてきます。

 また、今回A君はメーカーで開発職を希望している学生ですが、他の業界でも今回の記事のようなことは通じることがあると思います。皆さん業界にあったロジックを組んで下さいね。では頑張って面接を乗り切りましょう。いずれは田舎で暮らしたい場合の田舎推しの対応策も記述したいと思います。

追記

田舎勤務の志望理由 具体例で面接対策

スポンサードリンク