以前に希望の勤務地を聞かれた場合の面接対策(都会推しの場合)についての記事を書かせていただきましたが、今回はその田舎推しバージョン。「希望の勤務地はありますか?」の質問に対して、田舎で暮らしたい場合の田舎推しの対応策を記述します。

テーマ:面接にて「希望の勤務地はありますか?」に田舎推しを伝えろ
ワンポイント⇒田舎は任される仕事の範囲が広い
※これから前半部分のAさんは前の記事のA君と同じセリフを言いますが手抜きではありません。復習のためです笑。

・・・
とある面接会場
(今回、学生Aさんはメーカーで経理を希望している設定です。)

面接官「よく分かりました。それは頼もしいですね。ところでAさんはどこか希望の勤務地とかあったりする?」

Aさん「勤務地にこだわりはありません。なぜなら(どこで働いても自分の夢に近づけます的なこと言いましょう)・・・ただ、強いて希望をということでしたら田舎で働きたいと考えております。」

面接官「ほうほう。田舎を希望されるのは珍しいですね。なぜ田舎なのでしょうか?」

Aさん「理由は二点あります。一つ目が“私生活”のため、二つ目が“お仕事”のためです。」

面接官「社会人生活を私生活とお仕事の二つに分解して考えたのですね。詳しく聞かせて下さい。」

Aさん「はい。まず“私生活”ですが(ちょっと笑いながら)、やはり自然が好きだからです。都会のように人混みの中で休日を過ごすよりも川で釣りをしたり、緑の中でジョギングができるような田舎生活に憧れています。休日にしっかりリフレッシュして英気を養いたいので笑」

※ここではあまり硬くならずに素直な気持ちを伝えましょう。面接官に人間味のある奴だなと思っていただけたら十分です。

面接官「Aさんは意外と男勝りなところもあるのですね。私も学生時代は天文部に所属していたので、よく田舎まで足を運んで星を見ながら休日を過ごしていました。田舎はゆっくり時間が流れるのでリフレッシュできますよね。ではもう一点、お仕事のためともおっしゃっていましたが、そちらも詳しく聞かせて下さい。」

Aさん「田舎だと新入社員の私にでも任せていただける仕事の範囲が広いと考えたからです。」

面接官「仕事の範囲ですか?」

Aさん「はい。私は最初の配属では経理を希望しておりますが、いずれは自分の夢に近づくために他の職種も経験したいと考えております。田舎勤務では経理として入社した場合でも早いうちから品質管理や調達のような色々なお仕事を経験させていただけるとOBの方から伺いました。」

面接官「確かに田舎勤務ですと人が少ないので、経理として配属された場合でも他のお仕事もしてもらうことになると思います。実際に私の同期社員は昔、田舎の事業部の経理として配属されていましたが、人事制度の見直しや新しい工場ラインの立ち上げなどにも関与していました。」

Aさん「工場ラインの立ち上げまで携われるのですね。私も若い時期からそのような多くの仕事経験を積みたいと考えております。」

面接官「分かりました。では時間ですので結果の方は後日メールか電話でお伝えします。今日はお疲れ様でした。」

・・・

田舎を希望される方は少ないと思いますがこのような感じです。実際に田舎で働くメリットを説明会などで質問したことがありますが、多くの人事の方から“田舎は任される仕事の範囲が広い”と返答がありました。反対に東京などの都会オフィスでは部署や職種によって携われる仕事の範囲がかなり限定されるみたいです。
ただ、理系就職の場合は田舎ほど工場や研究所があり、そこに配属される人が多数いるため今回の記事のようなことは言えないかもしれません。

ちなみに私は田舎の野菜直売店が大好きです笑
数年程度なら田舎で暮らしてみたい気もしますね。

スポンサードリンク