マクドナルドの売上を上げるには?
就活のグループワークではこのような課題を与えられることが多々あります。今回の記事ではこれに関する私なりの解答例を記述したいと思います。就活生は是非、前の記事グループワークの進め方を先に読んでからこちらの記事をお読みください。

テーマ:マクドナルドの売上を上げるには?(制限時間:2時間)
※2時間のグループワークを終えてワーク結果を発表するところから始めます。


では、発表させていただきます。マクドナルドの売上を上げるために打つべき施策として「マクドナルドのオリジナルガムを配る」という結論に至りました。

まず私たちのグループでは、テーマがぼんやりしていたので“マクドナルドの売上を上げるには”というテーマから“日本国内のマクドナルド一年間の売上を上げるには”と、テーマを具体化しました。そしてこれを以下のような式に分解しました。

日本国内のマクドナルド一年間の売上 = 日本国内のマクドナルド店舗数 × 一店舗あたりの年間平均売上

“日本国内のマクドナルド店舗数”に関して、マクドナルドは国内に既に多くの店舗が存在し、今後の日本の人口は減少することが予想できるので、今以上に店舗数を増やすことはリスクが大きいと判断しました。

よって、“一店舗あたりの年間平均売上”を上げる方法を考えることにしました。また、これについては更に以下のような式に分解することができます。

一店舗あたりの年間平均売上 =   購入頻度 × 平均客単価×一店舗あたりの年間購入者数

“購入頻度”に関して、マクドナルドは月見バーガーなどの期間限定商品や期間限定クーポンを提供し、既にリピーター対策には十分力を入れているものだと判断しました。
“平均客単価”に関してはマクドナルドでは「安くて美味しい」を基本戦略としているので、変に高価格な商品を発売したとしても売れ残るだけでなく、既存の顧客さえも離れていってしまうのではと考えました。

よって、“一店舗あたりの年間購入者数”を増やす方法を考えることにしました。

その際、“都会”“田舎”にあるマクドナルドを別々に分けて考えることにしました。実感ベースですが“都会”のマクドナルドはいつもレジにお客さんが並んでおり、“田舎”のマクドナルドにはあまりお客さんが並んでいません。

よって、お客さんが少ない“田舎”にあるマクドナルドの“一店舗あたりの年間購入者数” を増やすべきだと考えました。

※意識の高い人は「~ベース」と言いたがります笑。分かりにくい場合は、単に「ベース」を抜いて言葉の意味を解釈してください。

では、そもそも田舎のマクドナルドはどのような場所にあるのでしょうか?それは恐らく人の集まるところ、人の流れが多いところだと言えます。グループ内でそのような場所をブレストしてみました。

人の多いところ:国道沿い、駅周辺、商店街、観光場所・・など

※意識の高い人はブレストも言いたがります笑。ブレストとはブレインストーミング(英語Brainstorming)の略で、ひとつの議題やテーマに対して複数人が自由にアイディアや意見を出し合うことです。

ブレストした場所の中から、実感ベースで田舎では特に国道沿いにこそマクドナルドが多く存在しているものだとしました。

よって、田舎の国道沿いにあるマクドナルドの一店舗あたりの年間購入者数を増やす方法を考えることにしました。 そのためにまず、田舎の国道沿いにあるマクドナルドの顧客層について考え、グループ内で次の図のようにまとめました。

その結果、平日と休日共に夜の時間帯はあまりお客さんがいないことが分かりました。平日の夜はそもそも田舎の国道にあまり人がいないものだと考えられますが、休日に関しては、旅行帰りのファミリー層や遊び終えた学生層がマクドナルドの前を車で素通りしている状況だと言えます。よって、休日の夜に旅行帰りのファミリー層や遊び終えた学生層がマクドナルドに来るような施策を打てば、今回の最終目標であるマクドナルドの売上を上げることができます。(page2へ続く)

スポンサードリンク