日本にマクドナルドはいくつあるのか?
グループワークや外資系企業の面接ではこのような問題を与えられることがあります。他にも「日本にマンホールはいくつあるのか?」「日本に美容師は何人いるのか?」などの問題が有名です。このような問題はフェルミ推定と呼ばれる方法で対処していきましょう。

フェルミ推定:つかみどころがなく直感では見当もつかない数量を、知っている知識だけで短時間かつ論理的に概算すること。

このフェルミ推定は就活以外でも役立ちますので、言葉くらいは覚えておきましょうね。では、今回も私なりの解答例を記述します!

テーマ:日本にマクドナルドはいくつあるのか?(制限時間:1時間)
※1時間のグループワークを終えてワーク結果を発表するところから始めます。


では、発表させていただきます。私たちは日本にマクドナルドは4222店舗あると推測しました。 そもそも日本のマクドナルドの店舗数は以下の(1)式のように分解することができます。

日本のマクドナルドの店舗数 = 日本の面積 ÷ マクドナルド一店舗あたりの面積・・・(1)

このマクドナルド一店舗あたりの面積とは、 実際の店舗面積ではなく、下の図のように日本のマクドナルドが等間隔に配置していると仮定した場合の四角一つ分の面積です。


ただ、マクドナルド一店舗あたりの面積(四角の面積)は場所によりかなり異なるため、日本全土を平地人の住む山地無人の山地に分けて考えてみました。この時、無人の山地にはマクドナルドは無いものと仮定すると、

日本のマクドナルドの店舗数 = 平地でのマクドナルドの店舗数 + 人の住む山地でのマクドナルドの店舗数

となります。これを先ほどの式(1)のような形にすると、

日本のマクドナルドの店舗数 = (平地面積 ÷ 平地にあるマクドナルド一店舗あたりの面積) + (人の住む山地面積 ÷ 人の住む山地にあるマクドナルド一店舗あたりの面積)

となります。 ここでそれぞれの平地面積と山地面積を具体的な数字にしておきます。日本の面積は38万km2であり、そのうちの1/4が平地、3/4が山地です。
※一般教養として中学で習っているはずなので覚えておいて下さいね笑

また、山地のうちの2/3が有人、1/3が無人だと仮定するとそれぞれの面積は図のようになります。

これらのことから、

日本のマクドナルドの店舗数 = (95000 ÷ 平地にあるマクドナルド一店舗あたりの面積) + (95000 ÷ 人の住む山地にあるマクドナルド一店舗あたりの面積)・・・(2)

上記のような(2)式となります。次にそれぞれのマクドナルド一店舗あたりの面積を仮定しました。 まず平地の場合、実感ベースですが、10分くらい平均時速30 kmで車を走らせるとマクドナルドにたどり着くことができると考えました。

※前の記事でも書きましたが、意識の高い人は「~ベース」と言いたがります笑。分かりにくい場合は、単に「ベース」を抜いて言葉の意味を解釈してください。

つまり、5 km車で移動するとマクドナルドにたどり着くことができます。これを面積に置き換えて次の図のような5 km四方にマクドナルドが一店舗あるものと仮定しました。

よって、
平地にあるマクドナルド一店舗あたりの面積=5×5=25 km2 となります。

同様に、人の住む山地の場合では、20分くらい平均時速45 kmで車を走らせるとマクドナルドにたどり着くことができると考えました。つまり、15 km四方にマクドナルドが一店舗があると仮定しました。

人の住む山地にあるマクドナルド一店舗あたりの面積=15×15=225 km2 これらを(2)式に代入して、

日本のマクドナルドの店舗数 = (95000 ÷ 25) + (95000 ÷ 225) = 4222店舗

となります。よって、私たちのグループでは日本にマクドナルドは4222店舗あると推測しました。
以上で発表を終わります。ありがとうございました。

いかがでしたか?前回の記事に続いて今回もマクドナルドが題材でした。マクドナルドにはお世話になったので、マクドナルドのストラップを広告に張っておきましょう笑。ちなみに正確な日本のマクドナルドの店舗数は2911店舗みたいです。(引用:日本マクドナルド2016年度決算資料)なので、今回の予想の精度としてはかなり微妙ですね笑。本来、この手の問題は人口密度をベースに考えることが多いので、いずれ別の機会で記述したいと思います。  

前回の記事から一ケ月近く経ってしまいました。書きたいことは色々あるのですが、最近気が付けば時間が過ぎちゃってます笑
就活も気が付けばいつの間にか終わってますので、気楽に頑張って下さい。

スポンサードリンク